alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

映画「パイレーツオブカリビアン1 呪われた海賊たち」



大好きな映画パイレーツオブカリビアンの新作
パイレーツオブカリビアン5最後の海賊」が公開されるということで
おさらいしていこうと思い1の呪われた海賊たちを久しぶりに鑑賞しました♪
イメージ 1


<ストーリー>
『ブラックパール号を率いる冷酷な海賊の船長バルボッサが町を襲撃し、
総督の娘エリザベスがさらわれる。

密かにエリザベスに恋心を抱いていたウィルは、
一匹狼の海賊ジャックと手を組み、彼女を救い出すことに。

呪いによって生きた屍と化していたバルボッサと船員たちの狙いは、
エリザベスが身に付けている黄金のメダル。

そしてその最後の持ち主だったウィルこそが、
死よりも苦しい地獄のような呪いを解く鍵となる。

ブラックパール号を奪われた過去を持つジャックは、
復讐として一発の銃弾をバルボッサに撃ち込むが… (ネット引用) 』

相変わらずめっちゃおもしろかった。笑
ジャックスパロウ船長めっちゃ好き。笑

面白いだけでなく名言もあったりでやっぱりお気に入りの映画のひとつだった。

欲にかられ欲にほろびるやったかな。
欲もほどほどにってことかな。
ついついあれもこれもとなってしまうけれど。汗
欲にほろびるというのわかる気がする。
あれもこれもと欲があると疲れてきてもういいやってなったりすることあるもの。
欲が強くて疲れてきていいやってなったり…笑

チョイスをシンプルに考えることも。
すごく簡単に言えば好きか嫌いかかな。

映画の中では
『この世で重要なことは1つ 自分の取る道は 自分で選択する 

父親は海賊だと受け入れるか受け入れないか

海賊の血を拒むべきか否か

俺はお前を海におとすべきか  おとさないか

この船で海賊の命令に従うか それは嫌か』

これもついついあれこれ考えてしまう時もあるもの。
考えることだけじゃなくていろんなことも…笑
シンプルっていいな。

頭がいいのかバカなのか その2つは区別がつけにくい って。
うんうん、なんかわかるなぁって。
めっちゃうけるシチュエーションでウィル(オーランドブルーム)が話してた。笑

人は温かいとか風の匂いとか美味しいとかなんの感覚もなくなっても生きて行くのか
いろんな感覚を持ちながら死んで行くのか
どちらがいいか、どちらがいいんだろ。

死んではおしまいとも思うけれど
死にたくても生きないといけないのもしんどいな。
感覚なくなるってどんなだろ。

と面白いだけでなくいろいろ考える本作でもありました。

ジョニーデップも音楽もかっこよすぎ。
今でも大好きな映画のひとつでした。
数年ぶりに観たけれどやっぱりそう思った。
というかより一層お気に入りになったかもです。笑

次は2のデッドマンズ・チェストを観よう。

今日は美女と野獣を観に行ってきます、楽しみです♪(^-^)