alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

映画「かもめ食堂」



かもめ食堂を観ました。
イメージ 1

フィンランドヘルシンキ日本食堂を経営しているサチエは、
図書館で知り合ったミドリを食堂のスタッフに迎える。
お客は、日本アニメおたくの青年しかいない店にボチボチ人が集まるように。
悩みをかかえたフィンランド人、荷物が出てこなくなって困っている日本人など、
個性的なお客さんたちが、かもめ食堂に集まり、
サチエたちの温かな心がこもった料理でなごやかな気持ちになっていく。

れっきとした日本映画だが、オールフィンランドロケで、
現地スタッフや役者も参加して作り上げた日本とフィンランドのコラボ映画。

あせらずマイペースなサチエに小林聡美がピッタリ。
また「かもめ食堂」の北欧風のインテリア、
シナモンロールやおにぎりなどのお料理もおいしそうで、
ビジュアルも十分に楽しめる。

国境を超えた人間関係をオシャレで心温まるヒューマンドラマに仕上げたのは
『恋は五七五』でおなじみの荻上直子監督。(斎藤香)アマゾンさん引用

「感想」
もうとっても良かったです。
お気に入りの映画のひとつになりました。

個性豊かな登場人物、淡々とお話が進んで行く所、シンプルな所、
紙袋に入れてのお買い物、インテリア、食器、雰囲気、お料理、美味しそうな食べ物と
いろいろな所がとってもお気に入りな映画でした。

ほっこりしたり笑ったり。
笑いのツボにはまる所もあくさんありました。笑
ほっこりもおもしろい所もお気に入り。

お料理、どのお料理も美味しそうで。
特におにぎりが美味しそうで食べたくなりました。

映画の中の言葉、最近、特にそう思っていて。
でもこの映画のお話はそうはならなかった。

良かった~!やっぱりこうじゃなくっちゃと思いました。

何回も観なおしたくなる映画だと思いました。
早速2回観てますしね。笑

映画っていいな~。

ココからネタバレ









サチエの言葉
「ずっと同じではいられないですよね、人はみな変わっていくものですから。」

まさかこの映画を観てこの言葉を聞くとは思わなくて。
最近ずっと思ってたことだったから。
だからこそ今を大切にしないとって。
でも頭ではわかっていても心ではやっぱり淋しいなって思っていて。

また3人でお店をやっていけることになってすごく嬉しかった。

サチエの笑顔を観て、
あ、同じだと嬉しくなりました。
やっぱり変わらず楽しく一緒にワイワイしときたいです。

この映画の終わり方、大好きです。元気でます。

猫を抱っこしたおじいさんがあの場面で絡んでくるとは思わなかったです。笑