alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

母のこと 傾眠


母、寝てる時間がほとんどになってしまいました。

来たよーと起こしても一瞬起きて、あーあやちゃんと言うかんじなんだけれど
その後またすぐ寝てしまいます。

ずーと寝てる時もあればちょこちょこ起きる時もあって。
でも起きると言っても一瞬なんです。

昨日、先生とお話ししている時に詳しく教えてくださいました。
初めて先生にお会いした時も教えてくださっていたのだけれど。

傾眠というそうです。
https://www.kango-roo.com/word/5861

腫瘍が髄液に広がってるので腫瘍が脳全体を覆ってしまうそうです。

それが1重2重3重と重なっていって脳全体の機能を落としていってしまうそうです。

今は起こすと起きるけれど、そのうち起こしても起きない時が来るそうです。
毎回起きてたのが2回に1回になり3回に1回になり
最後は起こしても起きない。

髄液の流れに乗って腫瘍が動いてあちこちにくっつくみたいで
母は脳幹にもくっついてしまっていて。

脳幹にくっついた腫瘍もどんどん広がっていって
脳幹を覆ってしまうと呼吸が止まるそうです。

点滴をしているので胸に水が溜まるので、尿から水を流すお薬を入れているみたいです。
若い人はなりにくいみたいです。

腫瘍が大きくなるので脳が圧迫され痙攣がおこる可能性があるので
痙攣止めを飲んだ方がいいけれど母はそのお薬に酷い薬疹があり
痙攣止めのお薬は無理なのでおきた時に対処すると話されていました。
発作がおきたら麻酔薬で止めるそうです。

いろいろあるけれど痛みがないのが良かったとほんと思います。
このまま最後まで痛みがなければいいなと思います。

膠芽腫から播種した場合、脳の機能が落ちてる上に播種なので痛みが出ないそうです。
痛みを感じる前に脳の機能が落ちてるので痛いと感じない。
痛みを感じる方もいるにはいるけれどほとんどいないそうです。

先生とっても優しくて。
痛みがないなら無理に緩和病棟にうつらなくてもいいと話されていました。

看護師さんからお話し聞かれたのだと思います。
母に告知してないことを、緩和病棟に入ると言いたくないことを。

脳が元気で緩和ケアについて理解できるならいいけれど
脳の機能が落ちてる母に説明していったいどこまで理解できるのかと思ったりします。
起きてるの一瞬ですし。
絶望と思うだけなんじゃないかと。

こう思うとはお話ししてないけれど先生分かられてるんじゃないかなと。

いろんな所から優しいなと思うことがあって。
先生がいる病院に最後入れて良かったと思います。

安心して最後をむかえられそうです。

母は広島で産まれて育ったわけではないけれど広島カープの大ファン。
今年25年ぶりに優勝しそうな感じだそうです。

広島カープが優勝するなら母に見せてあげたかった。
あともう少し生きてくれたら、あともう少し意識があればと思うけれど
きっと無理なんじゃないかなと思ったりします。

元気な時の母だったらこんな風に喜んでただろうなと
嬉しそうな母の笑顔が目に浮かびます。

それだけがとっても残念です。