alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

母のこと



MRIの検査結果を聞きに行ってきました。

新たにひとつできていました。
大きさは新たになのに今までも存在していたかのように大きいです。
くっきりはっきり写ってました。

今までの所はどの固まりもひとまわり大きくなったみたいです。

画像的にはよくないみたいです。
画像と母の症状が一致しないようです。
画像からだと母の症状もっと進んでいてもいいみたいです。

言葉の理解もまだ出来てますし物忘れもたまにえっ?と思うことがある位でしっかりしています。

アバスチン効果のようです。
先生、アバスチン不思議な薬ですと話されてました。

アバスチン、進行を止めることは出来ないけれど症状を止められるのホント不思議で凄いと思います。

アバスチン今の状態ならまだ続けた方がいいと。
症状が進み、言葉の意味や物忘れが酷くなり、わけがわからなくなった時やめましょうと。
そんなに言いかたはされてないですけれどそういうことだと思います。

母テモダールは合わなかったけれど(副作用はなかった)
アバスチン副作用もなく合っていて良かったと本当に思います。

そんな母もあと1ヶ月は大丈夫という状態まで来てしまいました。
1ヶ月という言葉を聞くのは初めてです。

1ヶ月は大丈夫ってことは2ヶ月はないってこと?と思ったりするけれど
分からないことは頭の片隅には置いておくけれど信じないでおこうと思います。
今まで通りです。これ板につきました。

でも夏はもうないかなと思ったりします。

母まだ生きたいみたいで、見ていてかわいそうと凄く思います。

生きたい気持ちわかります。
孫の成長みたいよね、元気な時はいいけれど何かあった時、手助けしたいよね。

私も、もっと生きていて欲しい、一緒にいろいろ楽しみたい、
いなくなるなんてさみしいと思うけれどどうすることもできない仕方のないこと。

なんでもずっと続くことなんてない。

受け入れる準備をしないとです。

思うことは元気な時にもっとたくさん一緒に楽しめば良かったということです。

子供が落ち着いたら、いろんな所に一緒に行っていろいろ楽しもうと思っていました。

それが出来なかった。子供が落ち着いたら、じゃなく今を大切にすれば良かった。

いつもの生活の中ではたくさん楽しんで来ました。
子供達もよくめんどうみてもらいました。

楽しかったな。母とはもうそんな時間はないんだ。

残り少ない時間、どんな状況になっても笑顔で過ごそうと思います。