alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

母のこと



母の症状が進んでいて進むのが早くて。
一昨年の夏みたいです。いつも夏。
発病も腕の骨折も。

言葉はほとんど出なくなっていて。

混乱も人格破壊も始まっていて。
人格破壊は母が母でなくなるんです。

目の前にいるけれど、元気な頃、少し前までの母はいません。
とって辛くて淋しいです。

リハビリが始まったけれど凄く痛いみたいで。
それでもがんばる。と話していました。
がんばっても命があってのこと。
見ていて凄く辛くて。
告知してないので、先が少ない場合、
どうしたいか聞きたいけれど聞けなくて。

混乱した中でも、言葉が出てこない、病気が進んでいる、
自分の不注意で転けてしまいこんな事になってしまった。

きっといろんな思いがあるんだと思います。
見ていて気持ちが分かるんです。

唇を震えさせながら
手を目に当てて泣くのを堪えているのを見ていると凄く辛くて。

こんな事になるなんて、しかも最後に。
いったい母が何をしたと言うのでしょう。

とっても優しかった母。
いつも勇気付けてくれていた母。
母のこと、みんなが大好きだった母。

そんな母の最後こんな事ってないと思います。
今まで幸せに暮らせて来たから、最後に試練?

右半身の動きを奪われ、言葉を奪われ、
骨折、混乱、人格破壊。

神様がいるならいじわるだ、とか
修行を終えると旅立つというけれど、
この修行には意味があるの?何を学べはいいの?とか
いろいろ思ってしまいます。

この先そんなに長くないと思います。
長くて2ヶ月ぐらいかな…

アバスチンもういいかなぁと思ったりしています。
このままでいいかなと。
今までは少しでも長生きと思っていたけれど、
ここまで進むともういいかなと。
諦めがついたような気がします。
元気な母なら続けたいと言うのかな…
母には告知していないので何も聞けません。
決めるのは家族です。また選択です。

今は術後なのでまだアバスチン出来ないので
先生に相談してみようと思います。
でもきっと先生も今が辞める時と
思われてるような気がします。

母の心が離れて行ってしまうのは
いちど経験してるので分かっていて。
いよいよ、その時が来てしまったのだと思います。

心って辛くて。体や言葉ならなんとかなります。
心はどうにもならないです。

母の心が離れていっても、元気な頃の母の心は凄く近かった。
寄り添ってくれていた。

今はまだ辛くて悲しくて淋しい気待ちがいっぱいだけど
ある曲を聴くと心をぐっと縮めてくれるんです。
私にとって本当に大切な曲。

その曲を聴きながら、がんばって行こうと思います。
音楽はお薬。
きれい事ではなく本当に思うこと。

妹と長女がいてくれて本当に良かった。
いないと、もっともっと辛かったと思います。

母は家族が楽しくしているのが大好きでした。

母を見守りながら、
楽しく過ごして行けたらと思います。

でも今はやっぱり辛いです。
がんばろう。