alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

映画「アメリカンスナイパー」


アメリカンスナイパーを観てきました。
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


ミリオンダラー・ベイビー」「許されざる者」の
名匠クリント・イーストウッドが、
米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイルの
ベストセラー自伝を映画化。

米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリス・カイルは、
イラク戦争の際、その狙撃の腕前で多くの仲間を救い、
「レジェンド」の異名をとる。

しかし、同時にその存在は敵にも広く知られることとなり、
クリスの首には懸賞金がかけられ、命を狙われる。

数多くの敵兵の命を奪いながらも、
遠く離れたアメリカにいる妻子に対して、
良き夫であり良き父でありたいと願うクリスは、
そのジレンマに苦しみながら、
2003年から09年の間に4度にわたるイラク遠征を経験。

過酷な戦場を生き延び妻子のもとへ帰還した後も、
ぬぐえない心の傷に苦しむことになる。

イーストウッド監督とは初タッグのブラッドリー・クーパーが、主演兼プロデューサーを務めた。

(感想)
この映画のことは知っていました。
でも観ようとは思わなくて。
ズーンと気持ちが落ち込み、
悲しくなるのが分かっていたから。
映画を観ていろんな事を想っても何も変わらないから。

誘われお付き合いで観に行きました。

思っていた通り凄く重い内容でした。
残酷で悲しすぎる内容、
余韻が今も残っています。
当分続くと思います。

ドンパチの戦争映画ではなく、
ドキュメンタリータッチで進んで行きます。
戦闘シーン勿論あるけれど無機質な感じ
静かな感じなんです。
実話のこういう映画好きです。

命を奪うこと、戦地の悲惨さ、仲間の死。
遠征で心が蝕まれて行く過程がよく分かります。
4回行くのですが回を追うごとに酷くなっていく。
ptsd心的外傷後ストレス障害)という病気。

奥さん、子供との様子もちゃんと描かれていて。
ptsdでどんどん崩れて行きます。
戦争は家族までも蝕んで行く。

戦争の悲惨さがとてもよく分かり
考えさせられる映画でした。
国というよりテロが相手。
昔はこんな事なかったけれど、
いつからかテロの人達が相手にも。

↑にも載せたけれど観ても何も変わらない。
想いはあったとしても変わらない。
それもあり観たくなかったけれど、
観て良かったと思います。

今、この時もどこかで同じようなことが
起こっているかもしれない。

子供が武器を持ち人を殺す。
逆に殺されたりしているかしれない。
なんて悲しい事と思うけれど、
平和な日本にいるからそう思うだけで、
もしそこで生まれ育ったなら
それが普通のこと。
ほんと悲しい現実です。

外から観てどうにか断ち切れたらと思うけれど、
断ち切れることなくずっと続いてる。
生まれ育つ環境悪過ぎです。

大人が悪いと思うけれど、
大人もそうやって生まれ育った。

連鎖を断ち切るのは無理で。
だからずっと同じことの繰り返しなのかな。

戦わずどうにかならないのかなと思うけれど、
どうにもならないのかな…

こうやって平和に暮らせて行けることが
どんなに幸せなことか。
産まれる場所によってこんなに違うものなのかと
改めてつくづく思いました。

願っても無駄な事と思うけれど、
平和な世の中になりますようにと思います。

映画終わった後のエンドロール。
この映画にはあのエンドロールが必要。
気持ちを落ち着かせる為に。

ここからネタバレ




スナイパーの話ということだけ知っていて
あとの事は予備知識ないまま鑑賞。

衝撃のラスト。
驚いてしまいました。
思わずえっ!と声に出してしまいました。

心、落ち着いたように見えた。
本来のクリスの姿に戻っているように思えた。
家族と仲良くこれからという時に。
あまりにも残酷過ぎる。
犯人も戦争に行きptsdを患っていたようだった。
顔つきも行動もおかしかったもの。

とっても残酷でとっても悲しい。

映画を観た日に
犯人の仮釈放なしの終身刑の判決が
ニュースで流れていました。
タイミング良過ぎ。

犯人のした事は勿論許されることではない。
でも弁護士さんの話しが本当なら
犯人もまた被害者なのだと思う。

戦争は失うばかりで何もいいことなんてない。

子供が手榴弾?を持って走って行き撃たれる所、
悲しくなり胸が痛くなった。

やつらはドリルというセリフがあって
ドリルって?と思っていたら子供が…
観ていられなかった。