alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

映画「盲導犬クイールの一生」




映画盲導犬クイールの一生を観ました♪
イメージ 1
 
 
クイールの生涯を描きベストセラーになった
盲導犬クイールの一生』を映画化した感動作。
盲導犬を断固拒否していた頑固オヤジにベテラン俳優の小林薫
のんびり屋のクイールを優しく見守り続ける訓練士を椎名桔平が熱演する。
一匹の子犬が生まれてから出会いと別れを繰り返し、
苦労の末、立派な盲導犬に育つ姿を見ていると涙腺がゆるむ。
とにかく犬たちの名演があっぱれな作品。

脇腹のブチ模様が特徴の子犬クイールは、
まず仁井夫婦(香川照之寺島しのぶ)の家に預けられる。
その後訓練士の多和田(椎名桔平)らから猛特訓を受け、
盲導犬として渡辺(小林薫)と一緒に歩き始める。(シネマトゥディさんから)
 
(感想)
大好きな俳優さん椎名桔平さんが出演されていて
音楽、演奏は栗コーダーカルテットさん。
なんて素敵なの♪と前から観たいと思っていたけれど
なんとなく観ることが出来なくて。
でも思いきって観てみました。

椎名桔平さんかっこよかったけれど、
ワンコのかわいさに目を奪われてました。笑

最初、ナレーションだれかと思いました。
途中でなるほど!でした(^-^)

お涙頂戴の映画かと思っていたけれど、
全然違ってドキュメンタリーな感じで
淡々とお話進んでいきます。
ドキュメンタリーな感じ好き。
淡々の中にあたたさ詰まってました。

笑もたくさんありました。
渡辺さん個性強過ぎ。笑 でも優しくて。

多和田さん、サバサバあっさりしているけれどあたたかくて。

ラストと30mには涙が止まらなかった。
クイールが亡くなる時バ○ンとかぶり過ぎ。
ラブとゴールデンですし。

CGには驚いたー。笑
飛行機!笑 そんなアホなとつぶやいてしまいました。
クイールが倒れる時。もう肝心な所でなんなのーそんなーと思いました。
あの倒れ方はないです。笑

せっかくワンコ達名演技だったのに。
素晴らしかったです。ほんと凄かった。
なによりかわいかった~特に仔犬のとき最高にかわいかった!(^-^)

外飼いかわいそうだった。
人が大好きな犬種なのに外なんて。
人が大好きで素直で落ち着きがあってお世話好きだから盲導犬になるのに。
そんなワンコを外になんて。
盲導犬じゃなくても人が大好きなワンコは室内飼いだと思います。
ポカポカ暖かい日に日光浴とかなら分かるけど。

訓練施設のゲージも寒々としていて。
訓練終ってお仕事が始まると出られるけれど、
クイールは渡辺さんが早くに亡くなられ長いあいだ訓練施設にいた。
PR犬だったけれどそのお仕事が終わって訓練施設に戻った時、
どう過ごしてたのかな。
ゲージに入れられてたのかな。
そうだったらかわいそう。

パピーウォーカーされた仁井夫婦のお家に最後行けたの良かった。
ほんと良かった。

本作、盲導犬になるまでのことがよく分かっていいと思う。
子供達に観て欲しい映画。
学校でも上映あればいいんだけど。
長女の学校では上映してた時あったみたい。

栗コーダーさんの音楽とっても良かった♪

俳優さん達の演技もとっても良かったです(^-^)

PS 盲導犬の募金箱があればどこでも必ずいれています。
ありがとうございますの言葉と共に3億円達成しました。
のチラシがスーパーに張ってあってのを見かけた時、
とっても嬉しかった。こんなにお金集まるなんて思ってもみなかった。

小学生の時に盲導犬チャンピーという本を読んで、
最初の夢は盲導犬の訓練士になることでした。
チャンピーは最初(日本でと思います)の盲導犬。シェパードでした(^-^)