alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

映画「そして父になる」


映画館で上映されてる時から観たかった映画
そして父になる」を観ました。
イメージ 1


学歴、仕事、家庭。自分の能力で全てを手にいれ、
自分は人生の勝ち組だと信じて疑っていなかった良多。
ある日病院からの連絡で、6年間育てた息子は
病院内で取り違えられた他人の夫婦の子供だったことが判明する。
血か、愛した時間か―突き付けられる究極の選択を迫られる二つの家族。
今この時代に、愛、絆、家族とは何かを問う、感動のドラマ。
「映画公式サイトより」

カンヌ国際映画祭審査員賞受賞
◯第37回日本アカデミー賞 優秀作品賞・優秀監督賞・
   優秀主演男優賞他 本年度最多の計12部門受賞。
◯S・スピルバーグが率いるドリームワークスによるハリウッドリメイクも決定。

(感想)
たんたんと話が進んでいき
ドキュメンタリー映画をみているみたいだった。
こういう映画好き。

伏線が所々にあり、
話が進むにつれ伏線だったんだと気がついた。

最後、え?これで終わり?と思った。
次女と観たけど次女も驚いてた。
人によって分かれると思う。

タイトルの「そして父になる」が答えなんだと私は思った。
でも、血とか時間とか関係なく、2人の子供の父でいいと思う。
血も時間も大事。2家族交流を続けて1つの家族でいいと思う。
子供の気持ちを大切に。

子供の体の大きさが違い過ぎる気がする。
同い年とはあまり思えなかったかな。

所々ぐっと来る所があった。
特に写真の所とお布団での「ごめんなさい」。

よくある話なのかもしれないけど、家族の対比よかった。
良太がいろいろ気づいていく所、子供の自然な感じも良かった。
最後の終わり方、え?とは思ったけど好きな終わり方だった。
良太の生い立ち分かった時は驚きました。
出演者の方々素晴らしかったです。
樹木希林さんは樹木希林さんでした(笑)
そこがまたとてもいいんです。
福山雅治かっこよかった♪(^-^)