alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

マイティーウクレレ

 
 
マイティーウクレレを見に行ってきた。
 
 
 
 
 
公式サイト → http://mightyuke.jp/
 
 
世界中のウクレレ・マイスター総出演で贈る
最高にハッピーなALOHA!ドキュメンタリー。
 
 
<ジェイク・シマブクロ><ビル・タピア>
<ジェームズ・ヒル><タイマネ・ガードナー>
 
 
★WOODSTOCK FILM FESTIVAL2009 最優秀観客賞受賞
WHISTLER FILM FESTIVAL2009 最優秀観客賞受賞
★SYDNEY POSSIBLE WORLDS FILM FESTIVAL2010 最優秀観客賞受賞
 
 
(あらすじ)
 
地味で単調? そんな時代は終わったのだ。
そう、いまウクレレ革命が起こっている!!!

ウクレレ誕生の歴史をハワイの貴重な映像とともに綴る、HAPPYな冒険に、さあ出掛けよう!

 
 
1800年代後半、もともとはポルトガル移民によってハワイにもたらされた4弦の小さな楽器。
当時の王がこの音色を気に入り、宮廷音楽に取り入れたことからウクレレの歴史がはじまった。
それから50年近く、ハワイのみならずアメリカ本土でも最もポピュラーな楽器として愛され、
ひと時代を築いたのだ。
しかし、1950年代、ザ・ビートルズの出現によりエレキギターに主役の座を奪われる。
美しくやさしい音色を奏でる楽器(ウクレレ)は次第に時代から忘れさられていった―。
 
 
時は過ぎて21世紀。ウクレレに再び光が射しはじめた。
次々と登場する新世代のウクレレ奏者たち。
クラシックやパンク、ヒップホップなど現代音楽と融合し、
オリジナリティあふれるサウンドが生まれはじめている。
もうオモチャなんて言わせない。いま世界中でウクレレに革命が起こっている!!

映画「フラガール」の音楽を手がけ、日本でも絶大な人気を誇るジェイク・シマブクロが
奏でる繊細かつ力強い演奏シーンは誰しもが息をのむだろう。
 
 
103歳を迎えたビル・タピアが語る言葉は、まさにハワイの音楽史そのものだ。
 
 
カナダ出身のジェームズ・ヒルは自らの哲学を華麗な指さばきと共に熱心に語っていく。
 
 
その他にもハワイを代表する音楽家キモ・ハッシーやカナダのウクレレ楽団
“ラングレー・ウクレレ・アンサンブル”など世界的プレーヤーや
習い始めの子供たちから大人まで、様々な顔ぶれが登場する。
 
 
この映画を見終えた時、ウクレレが持つ不思議な魅力を知り、思わず手にとって弾いてみたくなる・・・・
そんな衝動にかられることだろう。
登場するアーティストたちも、その昔そうだったように・・・・。  (cinema rise から引用)
 
 
(感想)
 
↑の動画のジェイクの声いいわ~~~。
ドキっとする
 
 
ジェイクの出番は少なかったけれど、楽しい映画だった。
ドキュメンタリー映画好きやし、この映画好き
 
 
ウクレレの歴史が分って良かった!
 
 
ジェームスヒルが言っていた。
小さく鳴らしても最大限の音が出る時がある。
(やったかな?こんな感じやとは思う)
う~ん。よく分からないなあ。
そんな体験してみたいなあ。
 
 
カナダの子達めちゃ上手かった~!
 
 
本の学校でもウクレレ導入したら良いのにな~と思う。
金額的にピアニカや縦笛が一番良いのかな。
それが無理なら、一輪車のような感じでウクレレを学校に何本か置いて、
休み時間に弾きたい人は弾けるよ!って感じにしたら楽しいと思うな~。
でもやっぱり高いから、小学生とかだと落として割ったりとかしたらアカンからかな。
1人先生がついて、指導する感じで行なったらどうかな。
それも人件費が出ないか。
先生がするっていっても、そんなに暇じゃないんかな。
ウクレレ小さいから子供でも持てるし、弾いて歌って楽しいのにね!
 
 
やっぱりウクレレって良いな~。好きやなってつくづく思った。
 
 
小さくて持ち運べるからいつも音楽に触れられる。
ソロもジャカソロも弾き語りもなんだって出来る。
音色も凄く綺麗。
あんなに小さいのにね