alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

オハナさん♪

 
一度行ってみたいと思っていた
ウクレレショップのオハナさんへ行ってきた。
写真撮ろうと思っていたのにすっかり忘れてしまった
お店の方凄く親切で優しかった
 
 
お店のリンク → http://www.ohana-k.jp/
 
 
初めて行くから場所が分からず通り過ぎた。
 
 
おかしい。この辺りなのにと思い振り返るとお店があった。
想像していたより小さい。扉も小さい。
扉を空けて入ると、沢山のウクレレがお出迎え。
お店も楽器店って感じではなく明るい感じで好印象。
すぐ溶け込んだ(笑)
オハナ(家族)という名前がピッタリ♪と最初足を踏み入れた時から思った。
 
 
今回お店に行った理由は、お店に一度行ってみたいというのが一番。
それと自分のウクレレ(ハワイで買ったから)がどうなのか見て欲しいと思ったのと、
サドルとナットを牛骨に変えて、ペグをギアペグに変えて、
次女がプラではない洗濯物ハンガーを何本もかかえて沢山持っていたのを
ウクレレの上に一気に上からガーンと落とし塗装が所々はげたのと
ストラップピンをつけて欲しかったから。
 
 
塗装は大丈夫らしい。
でもGストリングのウクレレは年数がたつと塗装が割れてくるらしい。
Gストリングの宿命だって。し・し・知らんかった~。
でもそれは良いウクレレにみられる現象らしい。
良いラッカーを使っているから割れてくるとおっしゃっていた。
でもそれは木が成長していて、
その頃になると元々の新しい音色のウクレレに生まれ変わるらしい。
楽しみ~~~♪
こんな感じになる。と、ひび割れたウクレレを見せてもらったけど、
見た目はちょっと・・・沢山ひび割れて・・・・だけど音は楽しみ。
そうなった時は塗装はそのまんまにしておかなければいけないって。
間違えても綺麗に塗り直したら駄目って。
オレンジなんとか?を薄く塗ってたらいいよ!とおっしゃっていた。
そうなったらまた見てもらおう♪
 
 
ペグ。変えなくていい。
今のまま合わせられるなら、わざわざ変えなくてもいい。
もう一つ穴をあけなくてはいけなくなるから、楽器の値打ちが下がるって。
まあ合わせられるならそれでいいか。とそのまんま。
ギアペグ、かなり楽なんだけどね~。
 
 
次はナット。
変えなくて良い。ナットを変えても音はそんなに変わらないらしい。
僕たちが変えたら〇万かかる。
お金を払って変える程でもない。
楽器の事を考えたらそのままがいいって。
 
 
サドル(自作)。
凄く褒めてもらった。チャロさん作り方教えてくれて有難う~
上手に出来てるから変える必要ないらしい。
音も合ってるし、弦高ギリギリ低く合わせられてる。
(私は弾きやすさから低いのが好きだから)
もうこれ以上下げられない。もしもう少し上げたくなったら
ビデオを入れるカバー、薄くて白だったり黒だったりするのを
サドルの下にひけばいいらしい。下敷きでもいいよとおっしゃていた。
そして、1番褒められたのは、枠にピッタリまっすぐ
おさまってる所。
ギターのサドル素材を加工されたんですよね?と聞かれ
ウクレレのサドル素材を加工した。と言ったけれど、
間違いで、ギターのだった。
確かに、切って削るの大変やった。
でもそこは全然難しくなかったんやけど^^;
やっぱり音合わせが大変だった。
何か他の手作業のお仕事されてるのですか?
素人にしては、本当によく出来ていると褒められ嬉しかった
サドルの上、上がったり下がったりしてるんだけどほんまにいいんやろか?
 
 
結局何も変える事なく、今のままの状態でウクレレを使う事となった。
ストラップピンの話するの忘れてしまい残念。
また立って弾く事があったら相談してみよう。
 
 
ジェームスヒルが使っていたというウクレレを見せてもらった。
サインがしてあった。おおお~と見入ってしまった。
もう1人私より先に入っていたお客さんがいて(ウクレレ習われてる感じ)
待ってらしたので、そのウクレレを弾くという行為をすっかり忘れていた。
ちょっと弾かせてもらったら良かった。とこれまた後悔。
 
 
ブルースの張り紙がしてあった。
ライブあるんや~。行こうかな~♪って思っていたら
去年の張り紙だった。残念。
 
 
「遊びに来て下さい。
ハワイでウクピクがあるから!」って。
遠すぎて行けないよ~~~。
っていうより、お金が無いです・・・
行かれるらしく、とても羨ましいです。
 
 
お店の人が弾いた私のウクレレ
よく鳴って良い音してた。自分が弾くのと音がなんでこんなに違うん???
ハリがあって優しい音色で良い感じ。見直したよ!
ホヌ君ごめんよ。頑張るよ!