alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

Aloha To You

 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 1. Morning Bird「TVモーニングバードテーマ曲」
 2. Trad Japan 「NHK トラッドジャパンテーマ曲」
 3. Aloha To You
 4. Wedding Bells
 5. Drive Safe
 6. Every Breath You Take「映画テーマ曲」
 7. Bring On The Night
 8. Every Little Thing She Does Is Magic
 9. 143 (Kelly’s Song) 2011
10. Hula Girl -虹を-(Alternate Take) 「震災があり願いを込めて撮り直した」
11. Hula Girl-Live-
12. Brahms' Lullaby feat. Kotaro Oshio
 
2010-2011 シーズンに映画を始め、テレビ番組のテーマ曲として作られた楽曲など
耳馴染みのある曲を収録したジェイクの最新作。
他にも以前より交友のある日本人ギタリスト、押尾コータローさんとのセッション曲や、
福島復興の願いを込めて「フラガール~虹へ~」(日本語ヴォーカル・ヴァージョン)
を新たにレコーディング。
また今年でソロデビュー10周年を迎えるジェイクが、
今まで彼を応援してくれてきた人たちに捧げるために書き下ろしたオリジナル曲など
全12曲を収録したニューアルバム。(アマゾン参照)
 
 
今回のアルバム、最初聴いた時は、う~ん。って感じだった。
物足りないというか、なんというか。。。1曲1曲は好きなんだけど。
 
 
テーマ曲3曲と一緒に震災の復興への願いのフラガールが入っていたり、
10周年だから応援してくれた人達への感謝の曲だったり。
アルバムに入っている楽曲がバラバラすぎるのかな?まとまりがない?
 
 
テレビ番組に曲を提供している曲が2曲。映画に提供してる曲が1曲。
提供曲って番組や映画のイメージで作ってるから本来のジェイクの音楽と違う気がするし。
でも普段、聞きたいからこれは全然良いんだけれど。
 
 
震災がありフラガール撮り直したみたいだけれど、その気持ちも分からなくもないけれど、
ジェイクごめん。って感じだけれど、フラガールは前のCDのままで十分良かったです。
ライブと2曲も入ってるし。どうせなら違う応援ソングが聴きたかったな。
でも、震災があったからどうしても入れておきたかったのかな。
福島=フラガールやもんね。福島っていうとジェイクのルーツやもんね。
 
 
143は何故また入ったのかな?I Love UkuleleのCDで十分だったんだけど。
 
 
テーマ曲とすでにCDで持っている曲を合わせると6曲。
って事はジェイク自信の曲が6曲しか無いって事になる。
ジェイクのオリジナル曲、好きだからもっと聞きたいと思ってしまう。
まあ買う前から分かっていた事なんだけれど・・・
 
 
せっかくの10周年の時期のアルバム。
どうせならこうバラバラじゃなくまとまった感じのCDを出した方が良かったように思う。
前に出た「I Love Ukulele」のアルバムの方がまだ10周年って感じがする。
だから、ベストアルバムが出るのかな。
 
 
カバーはウクレレの音色で聴くという新たな感覚があるから好きなんだけど。
 

 
でも、この前ライブに行って「Morning Bird」と「Trad Japan」を
弾いてくれたけど凄く良かった。
やっぱり音楽は生が一番!と思った。
印象が全然違ったから。
CDで聞かないと普段は聞けないから仕方無いけれど。。。
 
 
とまあ、色々思っていたけれど、
聴いていくうちに、これはこれで良いんかな。って思えてきた。
 
 
あああ。今回は辛口になってしまった。次に期待かな。
あっ次はベストだから、その次かな。
「Less Cowbell More Ukulele」大好きやし楽しみ♪