alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

映画「ダレンシャン」

イメージ 1
 
 
幅広い年齢層に愛され、世界中に熱狂的なファンを持つダーク・ファンタジーを映画化。
毒グモにかまれた親友を救うためにバンパイアと取引きした少年が、半バンパイアとなり、
想像を絶する人生を歩み出す。
 
監督は『アバウト・ア・ボーイ』のポール・ワイツ。主演は新星クリス・マッソグリア。
『シカゴ』のジョン・C・ライリーから渡辺謙まで、豪華実力派が脇を固めている。
ファンタジーと青春ドラマの魅力を兼ね備えた展開が見どころ。
 
ストーリー:平凡な家庭に生まれ育ち、成績優秀で女の子にもモテモテのダレン・シャン(クリス・マッソグリア)。
ある日、巨大な毒グモにかまれた親友を救うため、バンパイアと取引きした彼は半バンパイアに。
風変わりな人々が集うサーカスの一座に身を寄せ、アシスタントとして雑用をこなしながら、
バンパイア修行に励むことになる。 (シネマトゥデイ引用)
 
(感想)
映画になるなると言われながらなかなかならなかった
上娘と私が好きな本がやっと映画になった。
少し前に主人公を映画館の宣伝のポスターで見た時二人して「え~~~~~違う」と叫んだっけ。
想像と違い過ぎた。
まあ映画を見ているうちに違和感はそれなりに無くなった。
 
もっと驚いたのがクレスプリーがこれまた違い過ぎた
ジョンCライリーがなっていた。なんか見た事ある。
いつも見終わった後、好印象の俳優さんな筈と調べて見ると
今まで見た色々な映画で見かけた事のある俳優さんだった。
結構好きな俳優さんなのでまあこれもなんとか大丈夫になった。
 
そしてもっともっと驚いたのが渡辺謙がミスタートール役で出ていた
 
もう私の想像はめちゃくちゃになってしまった
 
ストーリーは、話は違うし、かなりあっさりに仕上がっていてガッカリ。。。
例えば両親と離れなければならない所なんて本当は悲しいはずなのに
全然そういう感じでは撮影されなかった。色々な所で全部そう。
さらっと撮るのも良いのかもしれないけれど、本を読まずに
映画だけ見てる人にとっては、わけわからないんじゃないかと思う。
感情移入もへったくれもないような気が・・・
本を読んでいてもあっさりしてるから感情移入あまり出来ないけれど
違う感覚で見るとそれなりに面白いけれど、本が良いだけにもったいない。
 
それに本ではまだまだネタバレになってない所もあっさりばらしてしまっている
そんなに早く分かったら最後の良さが分からないんじゃないかと心配になるけれど、
続編はあるのかな?あのまま終わったらめちゃくちゃ中途半端よね。
それこそ、一番のびっくりよ。
 
出ているキャストさんは皆良くて好印象だった
 
モンキーガールっていたっけ?上娘はいなかったと言っている。
上娘はキャラをしっかり覚えているので、勉強もそれ位出来たらいいのにと思う。
それにダレンって女の子にモテモテだったっけ?
 
忘れている所もあるから、もう一度読み直そうかな。
 
ジョンCライリー出演の見た映画
ギルバートグレイプ・激流・パーフェクトストーム・ギャングオブニューヨーク・アビエイター