alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

映画「私の中のあなた」

イメージ 1

白血病の姉(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に、臓器を提供するドナーとして
遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン)。
彼女はこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきたが、
母サラ(キャメロン・ディアス)は愛する家族のためなら当然と信じてきた。
そんなある日、アナは姉への腎臓提供を拒否し、両親を相手に訴訟を起こす。
シネマトゥデイ引用)


最近忙しくブログはお休みされているラルゴさんと行ってきた。

この映画はネタバレ無しで記事にするの難しい。

見に行って来て良かったと思った。
重いテーマで考えさせられるんだけれど、ず~んと落ち込ませない
映画作りが上手いと思った。
家族愛が素晴らしく涙してしまった。
でもただ単純にそれだけでは無く考えさせれある映画でもありました。

作品紹介でもあるとおり、子供を救う為に
臓器を提供するドナーとして子供を産む事にした親の選択って
正しいのか正しくないのか、もし自分がこの映画のような親の立場だったら
どうするのか、今ならそれは絶対良くないよ。私なら子供を絶対作らない!と思うけれど
実際その立場になり、医者にそういう選択もあるよ。と言われたら
いったいどういう選択をするのでしょう。。。

本「私を離さないで」を思い出しました。



ここかはネタバレ。。。













この映画のような話をテレビのドキュメンタリー番組で見た事があります。
確か実話でした。違ったらゴメンなさい。
母親は子供(癌だったけず)を亡くすのが怖くて、死んで欲しくなくて子供に頑張れ頑張れと言ってしまう。
子供は母親の気持ちが痛い程分かるので、辛いけれど頑張るんです。
でも母親は気づくんです。頑張れという言葉が子供に負担をかけてると。
そして肝心な所が曖昧なんですが、母親は確か「生まれてきてくれて有難う」か
「今までよく頑張ったね。もう頑張らなくてもいいよ」みたいな事を子供に言うんです。
子供はその後すぐに亡くなりました。

「さようなら。」を言うのは辛い。しかも自分の子供に言わなければならないなんて。
この映画は母親だけが、もう死にたいと思っているお姉ちゃんの気持ちに気づかないし
もし気づいても受け入れようとしない。海へ行くシーンは心打たれた。
最後お姉ちゃんが母親の為に作ったアルバムを見せて、
母親を慰めている所は本当に涙しました。

でもこの映画はそれだけでは無いです。
ドナーとして生まれた妹のアンはとても優しくお姉ちゃんの為ならとずっと協力する。
そんな素晴らしい子供だったから良かったものの、
もしそう思えない子供が生まれたとしたら、その子供の人生はいったいなんなのか。
という事になる。。。
やっぱりいくら医療が発達したとはいえあれこれするのではなく
人生受け入れる事が大事なんじゃないかな。と思うかな。。。

妹のアナが臓器提供拒否しているのはアナの気持ちではなく
姉の気持ちだったと分かった時は、そうだったんだ~と驚いた。