alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

ドラマ「白夜行」

東野さんの本「白夜行」を読了後ドラマを
昨日と今日、二日間で寝る間を削って一気見してしまった。

原作も凄く良かったけれどドラマもこれはこれで凄く良かった。
亮司と雪穂の視点で話が進んで行き原作とは違いながらも
とても素晴らしい見応えのある作品だった。
見終わったすぐの今、とても重くて苦しいし悲しいくてせつない。

どの回も見ていて色々な場面で思いがあふれてきて涙していた。
私あんまり泣かないのに。。。
最後の2話は、これでもかという位涙が溢れ出て来て、なかなか止まらなかった。
毎回、名シーンや名セリフは沢山あるけれど、
亮司役の山田孝之と刑事役の武田鉄矢が言葉を交わす最後のシーンが特に心にしみた。
それと、亮司の「なあ雪穂・・・」の言葉に毎回やられた。
二人に幸せになってもらいたくて。でもやっぱり無理で。。。

子役の子達も含めて、本作に出演されている役者さん皆凄く上手かったし
想像していた人物と近かったり、はまり役だと思えたから良かった。
だから凄く入り込めたのだと思う。
特に山田孝之武田鉄矢の演技力は凄かった。
山田孝之さんは目の演技が素晴らしかった。目だけで気持ちを表す事が出来るなんて凄い。
武田鉄矢さんは途中までホント怖かった。。。あんまり出て来んといて~と思った。
でも途中からは今度は泣けてきた。上手いなあ。
雪穂も綾瀬はるかさんで良かった!