alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

映画「ミスト」

イメージ 1

(内容紹介)
スティーヴン・キング×フランク・ダラボンが創造した、
今こそ世に問うべき映画!
驚愕のラスト15分、あなたはいったい何を見るのか…!?

■“人間の理性”に迫る、全世界待望の新作!
ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』に続く、
スティーヴン・キング原作×フランク・ダラボン監督が贈る衝撃のミステリー大作!

■人間の《恐ろしさ、愚かさ、脆さ、そして残酷さ》を描いた2時間!
突然の霧に襲われ、店の外の霧に恐怖を感じる人々だが、極度の恐怖に、
店内の人々が反発し、友人、隣人の関係が突然崩れてゆく…。人間の脆さを凝縮した傑作。

■原作とは異なるオリジナル・エンディング
原作ではラストが提示されていなかったが、明確なラストが提示された。あまりに衝撃的なラスト!
映画史上かつてない震撼のラスト15分は全世界で議論を呼んだ!(アマゾン引用)

[内容解説]
【あらすじ】
7月19日の夜、メイン州西部の全域が、未曾有の激しい雷雨にみまわれた。嵐に脅える住民たち。
だが、その後に襲ってきた“霧”こそが、真の恐怖だったのだ。その霧は街を覆いつくし、
人々を閉じ込めてしまう。
時を同じく、デイヴィッドとビリーの父子は食料を買出しに行ったスーパー・マーケットで“霧”
に閉じ込められてしまう。
他の買い物客が建物の外に出ようとすると、次々に霧の中の何者かに襲われていく。
立ち往生を強いられる中、母の待つ家に帰ろうとビリー少年に哀願されるデイヴィッド。
そしてある決意を固めて絶望的な状況の中、父子での決死の脱出を図る二人の前についに姿を現す
“霧”の正体とは? 人間は見たことのない恐怖の前にどのような選択をするのか。
そして奇怪な霧に閉じ込められた人々の運命は? (アマゾン引用)


(感想)
うお~ん。凄い映画を見てしまった・・・

R15とは知らず上娘と見てしまった。。。
上娘は1週間1人で寝る事が出来なかった。

最初触手が出て来た時、何これ?見るの失敗したんちゃうん?と思った。
まさかあんなのが出てくる映画だとは思わなかったし。
でもまあ人間模様が凄すぎてその思いはすぐに消えていった。

あの宗教のおばちゃんいったい何なのよ。話する度イライラした。

やっぱり人間って集団になると怖い。。。

人それぞれだと思うけれど、
主人公は色々選択していかなければならないのだけれど
その行動は正しいと思っていた。
でもいくら頑張っても良い方向には進まない。
こんな映画あんまり見た事ないかも・・・
現実社会では、沢山こういう事もあるだろうけどね。
良い方向に進まなくても、恐怖の中で理性を保って周りを見渡す力があって、
人の事を考えて行動する力が凄いな。と思っていた。

なのに、何あのラスト。ひど過ぎる~~~~。。。
いくら子供と約束したからって、もうちょっと待ってよ。
最後まで頑張ってよ。と思った。

見た後、とても後味が悪かった。

そして色々選択しなくちゃ駄目な場面で
もし自分ならあの時はどうしただろう?
いったいどの役に当てはまるのだろう?と考えてしまった。
見た後、選択のチョイスをこんなに考える映画は始めてかもしれない。

やっぱり、人間最後まで諦めちゃ駄目だよね。
先が分からなくても頑張らなくちゃ駄目よね。