alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

「デモナータ」シリーズ7 死の影


(内容)
今回の主人公はベック。
千六百年間の時をへて、現在に生き返り、
ダービッシュとともに屋敷に残された少女。
ベックは、また生きられることがうれしかった。

一方でダービッシュとの関係に悩み
自分が「ある能力」を持っていることに気づいて
さらに苦しむことになる。
ダービッシュの親友ミーラによって、
ダービッシュとわかりあえるが、
その直後また思いもよらぬ過酷な運命がベックたちにおそいかかる。「デモナーターHP引用」


(感想)
ネタバレあり。



今回は、これから先の事を考えると
もうどうしようもないんじゃないか・・・と、とてもダークな気持ちになった。
今まではロードロスが最強だと思っていたけれど、そうでは無かったし、
どんどん奥が深くなって、分け分からない状態になってしまった。
狼人間と子羊を操ったのはいったい誰なんだろう?
そしてどう係わって行くんだろう?

ベラナバスの過去が分かる。あの人がベラナバスだったのは
予想していた通りだった。
でも一番頼りがいがあったこの人が死んでしまった今、
いったいこの先、どうなっていくんだろう。
ダービッシュも危ないし・・・カーネルもどうなったか分からないし。
グラブスも危ない事になってそうだし。
ガーガッシュの事も分からない事だらけ・・・

次が早く読みたいです。
デモナータ8の「狼島」発売されてる。
早く図書館で出ないかなあ。
というか今までのも又買いたくなってしまった。。。
古本屋に行ってこようかな♪


(今までの内容&感想)
デモナータ1~5 → http://blogs.yahoo.co.jp/natu_mikan_7/8402752.html
デモナータ6   → http://blogs.yahoo.co.jp/natu_mikan_7/25382238.html