alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

映画「ライフ・イズ・ビューティフル」

イメージ 1




1939年イタリア、トスカーナ地方。
主人公のユダヤ系イタリア人グイドは、いつも陽気で人々を楽しませる達人。
グイドと「お姫様」のドーラは恋に落ち、息子ジョズエをもうける。
しかし、間もなくナチス強制収容所へ…。
そこでもグイドは幼い息子に悲惨な現実を悟られないよう、ひたすら笑顔で陽気に振舞い、
嘘をつき続ける。
ユーモアと悲哀が混ざり合い、人生のすばらしさを謳いあげた作品。
イタリアの名優ロベルト・ベニーニ演じるグイドの、体を張った豊穣な愛が美しい。
ラストは涙、涙、涙…。
ベニーニは、監督・脚本・主演という三役を見事にこなし、アカデミー主演男優賞、
外国語映画賞カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した。
また、音楽を担当した作曲家ニコラ・ピオバーニが、本作でアカデミー音楽賞に輝いた。(齋藤リエ)

(感想)

久しぶりに見ましたがやっぱり良い映画だった。
今まで見た映画で1番といっていい位好きな映画です。

初めて見た時は、期待して見始め、最初は見るの失敗したかな。と思いましたが、
見ているうちに、映画にぐいぐい引っ張り込まれました。

強制収容所という暗くて恐ろしい所で息子を怖がらせないよう守る為に
子供に上手に嘘をつき、自分の命が危なくとも一生懸命、明るく・楽しく
笑いのある態度で息子と接している父親の姿を見て、尊敬し心温まり感動しました。
家族愛が素晴らしい作品です。
見終わった後、なかなか涙が止まらない映画です。