alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

ライラの冒険3 琥珀の望遠鏡

イメージ 1


(著)フィリップ・プルマン

不思議な力を持つ短剣で他の世界への窓を切り開き、羅針盤を頼りに旅を続けるライラとウィル。
ライラの友だちと話しをするために、ふたりの旅は「死者の国」にまで及ぶ。
ライラの担った役割とは一体?そして地上に楽園を求め、共和国建設を目指すアスリエル卿と
「教会の権力」との、世界を二分する闘いが、今、はじまる。(アマゾン引用)
 
(感想)
宗教色の強いお話でした。
少し難しい内容に思えて、
まだ意味をちゃんと把握出来てない部分がありますが(読み直さないと・・・)
それ以上に感じる事が沢山あり、一気に読んでしまいました。
前作までで謎だった事も解決しました。
愛と勇気、人生の教訓を沢山貰える本だと思うので是非子供に
いつか読んで欲しい本だと思いました。
脇役達も本当に素晴らしかったです。
それにしても、コールスター夫人の変貌ぶりにはびっくりしました。
最後はかなり切なかったです。。。
これで完結とプルマン氏は言ってるみたいなので
続きが読みたい私はとても残念に思います。
 

ライラの冒険1 黄金の羅針盤 → http://blogs.yahoo.co.jp/natu_mikan_7/24194583.html

ライラの冒険2 神秘の短剣  → http://blogs.yahoo.co.jp/natu_mikan_7/24572172.html