alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

映画「DANCER IN THE DARK」

イメージ 1


監督 ラース・フォン・トリアー
出演 ビョーク カトリーヌ・ドヌーブ デビッド・モース ピーター・ストーメア ジョエル・グレイ他


ビョーク扮するセルマは、チェコからの移民。プレス工場で働き、
唯一の楽しみはミュージカルという空想の世界を創りあげること。
遺伝性疾患のため衰えていく視力と闘いながら、同じ病に侵された息子の手術費用を稼ぐため
身を粉にして働く毎日。そのセルマにあまりに残酷な運命が待ち受けていた…。
「非の打ちどころのないすばらしい音楽の美と、不完全で醜悪な現実が並列して描かれている。
同時に演奏する2つのオーケストラのように」と同名の書で評されているように、
これほど観る人のあらゆる感情を暴力的なまでに呼び覚ますミュージカルはほかにない。
ラース・フォン・トリアー監督が「ビョークはセルマであり、セルマはビョークだった」
と述べたように、ビョークはセルマを演じるというよりも、セルマに心を宿したビョーク自身が
メッセージを投げかけているようにみえる。
洗練されすぎたカメラワークを嫌う監督が、100台のカメラを駆使して撮りあげた
トリアーワールドは絶対に見逃せない。
本作は2000年カンヌ映画祭パルムドールに輝いた。(野澤敦子)
(アマゾン引用)
 

(感想)
ネタバレありです。嫌な方は読まない方が良いです。



これは良くも悪くも考えさせられる映画です。
一生忘れられない映画だと思います。
最後が衝撃的で、見終わった後は当分放心状態でした・・・

子供が失明すると分かっていて、子供が欲しかったから。と出産したセルマ。
息子が失明しないように、手術のする為に一生懸命溜めたお金を盗まれ、
そして犯罪を犯してしまう・・・

犯罪を犯して子供は目が見えるようになったとしても、犯罪者の息子として
母の無いまま、生きていかなければいけない。
母は自分の行動に満足したかもしれないけれど、
残された子供の立場で考えるともっと違う判断は無かったのかと思ってしまいました。
たとえ子供が失明したとしても、
母は何があっても生きて行く事が子供にとって一番いいんじゃないか。
というのが一番思った事です。

ただ、どんな方法を取るにせよ、母の息子を思う気持ちの強さは凄く分かりました。
目が見えなくならにように、一生懸命頑張る気持ちには心打たれました。
 
ビョーク好きなので、ビョークの歌は最高でした。
あの空想シーンに私も助けられました。
カメラワークは、目が回ったり、気分悪くなったりする方もいると思いますが
私は自然な感じがして、とても好きです。