alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

おひさまパン

イメージ 1

(著)エリサ・クレヴェン (著)江國 香織
 
4才から読んでいます

(絵本の内容)
寒くて暗い冬。子供達は家に閉じこもってます

パン屋さんは、おひさまが恋しくて、おひさまパンを作ります
おひさまパンは ふくらんで ふくらんで もっとふくらんで・・・

みんなは おひさまパンを食べると体の中が夏になるみたい
なんてふっくらすてき な気持ちになります

するとなんということでしょう!みんなは空へ登り始めました!
うきあがって ただよって とんだりはねたり
 
やがてゆっくりおりてきて おどったり うたったり
 
ほんもののおひさまも めを さましました
みんな おおよろこび
 
みんなはパンをちぎって、おひさまになげました
おひさまは すっかり たいらげました
ひかりをかえしてよこします
 
みんなは太陽の光をあびて満ち足りています
 
そして夕方になり、おひさまは沈みました
 
パンやさんは ひとばんじゅう パンを やきました

そして そして あ~よかった 
夜明けと共におひさまは登ってきました
 
いまでは くもってはいいろの くらく いてついた日に
だれが色々な形のパンを焼いてると思いますか?
 

(内容)
3年の娘は楽しんで聞いていました。
しかし年中の娘は途中で「もういい」と言っていました。
あまり好みじゃなかったのかな?
少し言葉が捉えにくかったのかもしれません。

私はお話もですが暖かくって優しい絵が好きです。
絵の知識の無い私は、説明出来ないのですが
ちょっと普通の絵じゃなく凝っている所も好きです。