alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

わすれられないおくりもの

イメージ 1

(著)スーザン・バーレイ (訳)小川 仁央

(内容)
森に住む皆が大好きだったアナグマが死んでしまった。皆は悲しくてなかなか元気になれない。
皆はアナグマの事を色々話し合った。皆はアナグマが皆それぞれに合った知恵や工夫という
宝物を残して死んでしまった事に気付く。
雪が溶ける頃、皆は元気を取り戻し、アナグマに対する気持ちは楽しい思い出に変わっていった。

(感想)
名作中の名作の絵本です。何回読んでも涙が出そうになり鳥肌が立ちます。
死というテーマでありながら、心が暖かくなれる絵本。素晴らしい絵本だと思います。
そして自分は周りの人達に何を残してあげれるのか・・・と考えさせられます。
テーマが死なので子供に読む聞かすタイミングが難しいと思います。
良い絵本だけにタイミングを外したくない思いが強いです。
そう考えると大人向きの絵本なのかもしれません。