alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

こんとあき 4才から

イメージ 1

                       
(著)林 明子     読んであげるなら 4才から     自分で読むなら 小学低学年から

(内容)

おばあちゃんに頼まれてキツネのぬいぐるみの「こん」は「あき」の所におもりにやってきます。
「あき」は「こん」が大好きでずっと遊んでいたため、腕が取れそうになってしまいます。
「こん」は、腕を治してもらう為、おばあちゃん所に帰ろうとします。「あき」も着いて
行く事になりました。「あき」と「こん」の旅が始まります。

(感想)

もうこれは親子で大好きな絵本の1つです。
小さい時から一緒だった「コン」と「あき」。凄く可愛いです。
旅が始まった時「あき」は不安だらけ。でも「コン」が「あき」を一生懸命守ります。
コンに色々あり途中から今度は「あき」が「こん」を助けるため一生懸命になります。
「あき」の心の中はその時大きく成長したと思います。
おばあちゃんがまた優しくていい感じです。