alohaloha

ぴーちくぱーちく

日常*ウクレレ*ライブ*音楽*映画*本*旅など

銀河鉄道の夜 宮沢賢治・藤城清治さんの絵本

宮沢賢治さんの銀河鉄道の夜を青空文庫で読了。 内容 『宮沢賢治の童話作品。孤独な少年ジョバンニが、友人カムパネルラと銀河鉄道の旅をする物語で、宮沢賢治童話の代表作のひとつ』 1分間のあらすじというのがネットで載っていました。ほぼ最後まで載って…

マンガワンアプリで手塚治虫さん♪

iPhoneアプリのマンガワンアプリで 手塚治虫さんのマンガが9話読めると長女に教えてもらいました♪ ポイント制みたいだから読みたいのチョイスして読もう。 読んだことない、どろろかな。 火の鳥、ブッダ、ブラックジャック、アドルフに告ぐは読んだことあっ…

「むらいさち」さんと「taemi」ちゃんのコラボ♪

大好きな写真家さん「むらいさち」さんとイラストレーターtaemiちゃんのコラボ。 なんてステキなの♪ コラボの本はこの本(^-^) 中の感じ少しだけ。 もうとってもステキでした。 さちさんの写真もtaemiちゃんのイラストも。 taemiちゃんのイラストは少しだけれ…

「氷点 」三浦綾子

友人にいいよと教えてもらった氷点を読んでみました。 「内容」インターネット引用 辻口病院長夫人・夏枝が青年医師・村井と逢い引きしている間に、 3歳の娘ルリ子は殺害された。 「汝の敵を愛せよ」という聖書の教えと妻への復讐心から、 辻口は極秘に犯人…

「生きてることを楽しんで 特別編」ターシャ・チューダー

ずいぶん前になるけれどいただいた本 「生きてることを楽しんで 特別編」を読みました。 絵と写真を少しだけ 言葉も絵も写真もとってもステキでした。 絵、ガーデニング、手作りのぬいぐるみ、生け花みんなターシャ作。 1ページ1ページ写真か絵があり大き目…

鉄道員(ぽっぽや)浅井次郎 「オリヲン座からの招待状」

「オリヲン座からの招待状」読了♪ 娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた―。 心を揺さぶる“やさしい奇蹟"の物語… 表題作はじめ、「ラブ・レター」「角筈にて」など8編収録。 空前のベストセラー作品集にあらたな「あとがき」を加えた。 第…

鉄道員(ぽっぽや)浅田次郎「ろくでなしのサンタ」

「ろくでなしのサンタ」読了♪ 娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた―。 心を揺さぶる“やさしい奇蹟"の物語… 表題作はじめ、「ラブ・レター」「角筈にて」など8編収録。 空前のベストセラー作品集にあらたな「あとがき」を加えた。 第117…

鉄道員(ぽっぽや)浅田次郎「うらぼんえ」

鉄道員(ぽっぽや)の「うらぼんえ」読了。 娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた―。 心を揺さぶる“やさしい奇蹟"の物語… 表題作はじめ、「ラブ・レター」「角筈にて」など8編収録。 空前のベストセラー作品集にあらたな「あとがき」を加…

鉄道員(ぽっぽや)浅田次郎「伽羅」

鉄道員(ぽっぽや)の伽羅、読了♪ 娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた―。 心を揺さぶる“やさしい奇蹟"の物語… 表題作はじめ、「ラブ・レター」「角筈にて」など8編収録。 空前のベストセラー作品集にあらたな「あとがき」を加えた。さ …

鉄道員(ぽっぽや)浅田次郎 「角筈にて」

「角筈にて」読了♪ 娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた―。 心を揺さぶる“やさしい奇蹟"の物語… 表題作はじめ、「ラブ・レター」「角筈にて」など8編収録。 空前のベストセラー作品集にあらたな「あとがき」を加えた。さ 第117回直木賞…

鉄道員(ぽっぽや)浅田次郎 「悪魔」

「悪魔」読了♪ 娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた。 心を揺さぶる“やさしい奇蹟"の物語… 表題作はじめ、「ラブ・レター」「角筈にて」など8編収録。 空前のベストセラー作品集にあらたな「あとがき」を加えた。 第117回直木賞受賞作。…

鉄道員(ぽっぽや)浅田次郎 「ラブレター」

鉄道員(ぽっぽや)のラブレターを読了。 娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた―。 心を揺さぶる“やさしい奇蹟"の物語… 表題作はじめ、「ラブ・レター」「角筈にて」など8編収録。 空前のベストセラー作品集にあらたな「あとがき」を加え…

鉄道員(ぽっぽや )浅田次郎 「ぽっぽや」

鉄道員(ぽっぽや)の鉄道員(ぽっぽや)を読了。 (内容) 娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた―。 心を揺さぶる“やさしい奇蹟"の物語… 表題作はじめ、「ラブ・レター」「角筈にて」など8編収録。 空前のベストセラー作品集にあらたな…

「植物図鑑 」有川 浩

久しぶりに読書しました。 読書もやっぱりいいですね。 有川浩さんの「植物図鑑」 「内容」 お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。 噛みません。躾のできた良い子です。 思わず拾ってしまったイケメンは、家事万能のスーパー家政夫のうえ、 重度の植…

「赤い指」 東野圭吾

久しぶりに本を読了した。 やっぱり読書は良いです。 (内容) 直木賞受賞後第一作。 構想6年の後に書きあげられた書き下ろし長編小説、 身内の起こした殺人事件に直面した家族の、 醜く、愚かな嘘に練馬署の名刑事、 加賀恭一郎が立ち向かう。 ひとつの事件を…

カラフル

死んだはずの「ぼく」の魂にむかって天使が言った。「おめでとうございます、抽選にあたりました!」。 そうして、ぼくは輪廻のサイクルに戻るために、下界にいるだれかの体を借りて (天使業界では「ホームステイ」というのだそうだ)前世で犯した悪事を思…

獣の奏者「王獣編」

傷ついた王獣の子、リランを救いたい一心で、王獣を操る術を見つけてしまったエリンに 学舎の人々は驚愕する。しかし、王獣は「けっして馴らしてはいけない獣」であった。 その理由を、エリンはやがて、身をもって知ることになる…。 王国の命運をかけた争い…

獣の奏者「闘蛇編」 上橋菜穂子

獣ノ医術師の母と暮らす少女、エリン。 ある日、戦闘用の獣である闘蛇が何頭も一度に死に、 その責任を問われた母は処刑されてしまう。 孤児となったエリンは蜂飼いのジョウンに助けられて暮らすうちに、 山中で天を翔ける王獣と出合う。その姿に魅了され、…

ホームレス中学生

麒麟・田村のせつな面白い貧乏生活がついに小説に! 中学生時代の田村少年が、ある日突然住む家を無くし、 近所の公園に一人住むようになる超リアルストーリー。 ダンボールで飢えを凌ぎ、ハトのエサであるパンくずを拾い集めた幼き日々から、 いつも遠くで見…

容疑者Xの献身 東野圭吾

数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリ。 天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は愛した女を守るため 完全犯罪を目論む。湯川は果たして真実に迫れるか (アマゾン引用) (感想) 面白かったです。 アレさえなければ本当凄く良かった…

流星の絆 東野圭吾

惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。 「兄貴、妹(あいつ)は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」 14年後――彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。 (アマゾン引用) とても読みやすい本でした。 ちょっと時間の空いた時…

「さまよう刃」 東野 圭吾

蹂躙され殺された娘の復讐のため、父は犯人の一人を殺害し逃亡する。 「遺族による復讐殺人」としてマスコミも大きく取り上げる。 遺族に裁く権利はあるのか? 社会、マスコミそして警察まで巻き込んだ人々の心を揺さぶる復讐行の結末は!? (アマゾン引用)…

秘密 東野圭吾

妻と小学生の娘が事故に。妻の葬儀の夜、 意識を取戻した娘の体に宿っていたのは死んだ筈の妻だった…… 切なさ溢れる長篇ミステリー(アマゾン引用) (感想) 昔読んだダニエル・キイスの「24人のビリーミシガン」を思い出した。 もしかして多重人格になっ…

幻夜 東野圭吾

幻の夜を行く男と女。息もつかせぬ傑作長編! 阪神淡路大震災の直後に、出会った男と女。 男が犯した殺人を知る女は、彼を徹底的に利用し、野心を実現していく。 だが彼女にも恐るべき秘密が。名作「白夜行」の興奮が再び!(アマゾン引用) (感想) 本書は…

白夜行 東野圭吾

前作「秘密」で、温かくて切ない物語を紡いだ東野圭吾が、 今回は読む者の心を冷え冷えと切なくさせる。 1973年に起こった質屋殺しがプロローグ。 最後に被害者と会った女がガス中毒死して、事件は迷宮入りする。 物語の主人公は、質屋の息子と女の娘だ。 当…

私を離さないで

(著)カズオ・イシグロ (翻訳)土屋 雅雄 (内容) 優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。 生まれ育った施設ヘールシャムの親友トミーやルースも提供者だった。 キャシーは施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。 図画工作…

ファントム上・下

「ファントム上」 (著)スーザン・ケイ 19世紀、フランス。夫を亡くしたマドレーヌが失意の中で産んだ長男エリックは、 この世のものとは思えない恐ろしい容貌をしていた。 以来マドレーヌは我が子をどうしても愛することができず、仮面をかぶせて屋根裏に…

「デモナータ」シリーズ7 死の影

(内容) 今回の主人公はベック。 千六百年間の時をへて、現在に生き返り、 ダービッシュとともに屋敷に残された少女。 ベックは、また生きられることがうれしかった。 一方でダービッシュとの関係に悩み 自分が「ある能力」を持っていることに気づいて さら…

ハリーポッター

大人気シリーズ、ハリーポッターを読み終えた。 子育てが少し落ち着いた頃、友達に面白いよ~!と 教えてもらい、読み始めてから久々に読書を復活する ひっかけになった本です。 やっと、最後まで読み終えて、数年かけて読んでいた物語が 終わってしまった寂…

西の魔女が死んだ

(著)梨木 香歩 「西の魔女」とは、中学生の少女まいの祖母のこと。学校へ行けないまいは、 祖母のもとで「魔女修行」をすることに。 祖母のいう「魔女修行」とは、何でも自分で決めるということだった。 不登校の少女の癒されていく心を、清々しく描いた話…